風俗

東京に上京後、風俗の仕事を探す

大学進学と共に上京した私は、まずアルバイトを見つけることから始めました。
一応、親からの援助はありますが、そのほとんどは生活に消えてしまうどころか、もしかしたら生活費が不足する事も考えられる金額だったのです。
しかし両親も精一杯の援助をしてくれている事は分かっていた為、その不足分については、アルバイトで賄う必要がありました。
慣れない東京でのアルバイト、どうせ全てが未体験なのだからと、その仕事内容については限定しませんでした。
そうして候補にしたのが、風俗でのアルバイトだったのです。
求人案内をチェックしてみますと、さすがにどの募集も条件が良い印象を受けました。
しかしよく見てみると、その中でも待遇面で格差があったのです。
ソープ、デリヘル、キャバクラ、チャットレディ等、その仕事内容によって大きく報酬が違いました。
高額である以上、仕事内容はハード、そして濃密である事は想像できましたが、具体的な内容は分かりません。
そこで幾つかの求人先に電話をし、基本的な仕事内容について質問してみました。
そしてその回答を受けて、私にもできそうだというラインを設定し、働き先を探す事にしたのです。
ちなみに、私がアルバイト先に決めたのはキャバクラです。
一時はデリヘルでのアルバイトも考えたのですが、やはりどうしても裸になる事に抵抗があったため、それ以降のサービスも出来そうにないと判断しました。
ただキャバクラに絞り込んだとしても、風俗の求人はたくさんあります。
それも東京という人がたくさんいる場所ですから、働き先を決めるだけでも、結構な労力を使いました。
まだまだ下のランクで甘んじていますが、生活できるだけの収入は得られているので、キャバクラと大学での勉強を両立させていきたいと思っています。

遠距離の彼氏の事

彼氏と私は、遠距離恋愛中です。
交際するようになった時は、お互いに学生でしたし、週に何度かデートができる距離に住んでいました。
しかし、彼の就職先が遠方で、遠距離になりました。以前からの彼の夢が、就職でより近づく事を理解していたので、彼が就職する際にも、笑顔で見送る事ができましたし、彼は頻繁に連絡をくれるので、浮気の心配はありません。
ただ時々、仕事が上手く行かない時や、体調が悪い時など、急に彼氏に会いたくなりますが、それが不可能だと実感すると、とても悲しくなります。彼氏も同じような気持だと思うと、ほんの少し悲しみが和らぐのですが、彼氏も辛い思いをしていると思うと、やはり辛いです。

 

交際期間が長いので、お互いの性格は理解し合っているつもりなのですが、お互いの生活環境を深く知る事ができない点は、残念です。でも、会えた時の嬉しさや、気恥ずかしさは、近くに住んでいた時には経験できなかった感覚なので大切にしたいです。